江戸川区の不動産・株式会社MKHousing

の評判

物件毎の査定や不動産売却のポイントを明瞭にご説明

一口に不動産売却と言っても、査定額や物件の種別によって求められる条件や買い手の付きやすさが変わります。特に現代はあらゆる事情により、不動産の流れが読みにくくなる場合があり、トレンドに敏感になりつつもタイムリーに売り出すことが大切です。
マンションや戸建て、土地と言った種別毎で異なる売却のポイントを把握したスタッフがお客様一人ひとりの物件に合わせて買い手が付きやすくなるためのご提案を正確に積極的に行ってまいります。

マンションの査定と不動産売却のポイントを丁寧にご説明

マンションの売却にあたり、実際に売却物件として広告を出した後は、室内外を常に整えておくことが大切です。現在実際に物件であるマンションに済んでいる場合は、購入希望者がご自身の住居に内覧に来る場合があるためです。忙しい毎日の中、室内を綺麗にしておくことは手間がかかるかもしれませんが、丁寧に手入れして住まわれているという印象を持たれることで買い手が迅速に見つかる可能性があります。
また、お住み替えによる売却においては、物件の売却と次に住まわれる住居へのお支払い・お引っ越しとの兼ね合いが難しい場合もあります。金額の算定から実際のお引き渡しまで、できる限りお客様のご都合に合わせたスケジュールが組めるよう、不動産のお取り扱いに長年携わってきたスタッフがサポートしてまいります。多くの方にとって初めての経験である不動産の売却にあたり、心残りや後悔がないよう、お客様のご意向に寄り添った対応を心がけています。

大切に守ってきた戸建て住宅の査定と不動産売却をサポート

一戸建ての住宅を売却する場合は、できる限り全体の設備や構造に古くなっているところがないかを確認することが大切です。マンションと違って管理会社がない戸建て住宅は、見えない部分の欠陥があってもなかなか住んでいる方は気付かないことがあるものです。実際に買い手が見つかった際に、よく見たら条件と違っている点があることのないよう、金額算定時はもちろん住宅全体の状態をよく確認しておくことが大切です。戸建て住宅はマンションと違って外観の古さなども気になりやすいため、外壁の塗り替えを行った時期などの細かな情報を出すことで丁寧にメンテナンスを行ってきたことを伝えることも有効です。
一戸建ての売却は、築年数が長いなどの理由でなかなか買い手が見つからない場合も時にはあります。売却活動を進めていく間はその都度進捗をお伝えし、お客様とお打ち合わせしながらより買い手が見つかりやすくなるよう、工夫を重ねてまいります。

細かな工夫が必要な土地の査定と不動産売却を応援

土地を売却する場合は、住宅と違って明確にどこまでが物件の範囲なのかが分かりにくい場合があるため、注意が必要です。どの範囲までが物件にあたるのか隣接地との境をはっきり確認しておくことが大切です。地積測量図や境界証明書といった書類があれば確認できますが、不明な場合は土地家屋調査士に調べてもらうことになります。そうした場合に数ヶ月以上の期間がかかる可能性を考えると、売却を考え始めた際にできるだけ早く動き始めることが売却をスムーズに進めるポイントと言えます。
そうしたポイント以外にも、土地の日当たりや水道・ガスなどの配管の状態、土地が面する道路などのポイントをしっかり確認することが大切です。そうした項目を注意深く査定した上で、お客様の大切な財産である土地を滞ることなく売却できるよう、不動産売却について豊富な実績を持つスタッフが丁寧にサポートいたします。